印刷の知識 PDF/X-1a

PDFとは?

PDFもまたAdobeで異なるプラットフォーム間の文書閲覧、印刷を可能とする共通の文書交換フォーマットとして開発されました。

そして更なる開発を繰り返し誕生した新しいPDF⇒“PDF/Xファミリー”そのPDF/Xファミリーの中で、今回はPDF/X-1aにスポットを当て紹介いたします。

現在入稿データの主流となりつつあるPDFですが、その多くは

  • フォントが埋め込まれていない
  • カラースペースの設定が不明
  • 画像が正しく埋め込まれていない

などの問題を抱えています。

しかし、それら印刷上のトラブルの原因となるフォント、カラー、配置画像などの諸設定の運用を円滑な印刷工程を実現するために、統一フォーマットとして、2001年にISO(国際標準化機構)に認定されたのがPDF/X-1aです。
「PDF/X-1a」は、各種アプリケーションソフトで作成されたデータから、Adobe Acrobat 7.0プロフェッショナル以降のAcrobatを使って作成することができます。
また、InDesign CS、QuarkXpress 6.1や専用のenfocus社PitStop、Instant PDF、PitStop Serverなどを使っても作成できます。

具体的には

  • PDFのバージョンは1.3以上を使用する。
  • 色を使用する場合はCMYKもしくはアクロバット上で指定されている特色のみを使用。RGB等は準拠しません。
  • 解像度の低い画像は×(当社では350dpiを推奨しています。)
  • 使用しているフォントはアウトライン化してでも全て埋め込まれている。(プロパティでType1になっていればOKです。)