印刷の知識-PDF/X-1a なぜPDF/X-1aなのか?|松澤印刷株式会社

印刷の知識 PDF/X-1a

なぜPDF/X-1aなのか?

DTP化、デジタル化の普及によって印刷物を作成するときのデータ入稿はPSファイルか組版ソフトの生データでの入稿がほとんどだと思われます。
従来の工程では、データ制作前に出力側の環境の確認をしたり、制作側の環境によって出力先が制限されるなど、制作側の環境と出力側の環境を一致させる必要があります。
それでも多くの場合、フォントの不具合、画像の不具合等のトラブルがあり、その度にフォントや画像データを入稿し直したり、印刷会社でデータ修正等を行いトラブルが起きたり、余計なコストがかかったり、納期に間に合わなかったなどの経験はありませんでしょうか?

PDF/X-1a化のメリット

  • PDF/X-1aによりファイルサイズが軽くなりメールでの入稿も容易になります。
  • フォントが埋め込まれているので、先方にアウトラインをとって貰う手間も、フォントを送ってもらう手間もはぶけます。
    ※フォントのバージョンや文字化けなどの問題が起こりません。
  • 画像等を添付しなくてもよいので、データ入稿がシンプルになります。
  • カラー情報が既にCMYKなので色の最終イメージが大きくブレることがありません。
    ※ただし、先方のモニターやプリンターのキャリブレーションが取れていることが前提となります。
    ※RGBやLabは使用できません。
  • CMYKのみで印刷する場合、特色が使用されている部分は抜け落ちてしまいますのでご注意ください。
  • PDFでの校正が可能ですので、制作会社と出版社でPDF校正を行い、完成したPDFデータと校正紙のみを印刷会社に入稿して、制作時間の短縮にもつながります。

以上のような点からPDF/X-1aデータを選択している企業が増えております。
PDF/X-1aを利用すれば、制作側の環境と出力側の環境が必ずしも一致していなくてももんだいありません。また入稿もPDF/X-1aの1ファイルの受け渡しで済みます。

PSとの違い

  • データが軽い…別紙参照*1
  • 出力前に最終確認ができる…PDF上でフォントの埋め込み、カラーの確認が出来ます。
  • 面付後、RIPによる演算前に面付をしたPDFを確認できる
    …面付ソフト『DoTop』を使用した場合